フリーダ・カーロ(2020)

賃貸システムの概要

The first thing that comes to mind is that a couple of years ago Frida Kahlo by means of a nude photo caught my eyes.最初に頭に浮かぶのは、数年前、ヌード写真を使ったフリーダ・カーロが私の目を引いたということです。 I guess she did a lot of experimenting in the roaring 1920s / 1930s and her body position intrigued me once more: reclining and amidst two cats but completely demanding the camera in a relaxed way though.彼女はXNUMX年代とXNUMX年代の轟音で多くの実験を行ったと思います。彼女の体の位置は、リクライニングとXNUMX匹の猫の真ん中で、しかし完全にリラックスした方法でカメラを要求しました。

最初の図面

I did a lot of thinking what to do in the painting compared to the drawing 'Sans titre – 11-10-18' I made earlier.先ほど描いた「サンズ・タイター– XNUMX-XNUMX-XNUMX」と比べて、絵の中で何をすべきかをよく考えました。 Its scale is much bigger so one can show more but what story to tell?その規模ははるかに大きいので、より多くを示すことができますが、どのような話をする必要がありますか?

彼女についての伝記またはそれ以上の個人的な意見?

My students I often tell about her: that an artist can be successful employing great imagination without an abundance of refined techniques.私がよく彼女について話す私の学生は、芸術家は豊富な洗練された技術なしで素晴らしい想像力を使って成功することができると言います。 The first is necessary, the latter not sufficient on its own.前者は必要ですが、後者だけでは不十分です。

共産主義とメキシカンダッド

Reading about her love for stalinism and supporting the 'Mexicanidad' I must say that, if those brows only look commanding, her appetite for communism and The Aztecs certainly did make me frown.彼女のスターリン主義への愛情と「メキシコニダッド」の支持について読んで、もしそれらの眉が命令的であるように見えるだけなら、共産主義とアステカに対する彼女の欲求は確かに私を眉をひそめさせたと言わなければなりません。 To me her and Rivera's way of looking at the world seems all too much salon socialism to me.私には彼女とリベラの世界観はあまりにもサロン社会主義のように思えます。

メキシコシティのカサアズールのような緑豊かな場所を見たことがなく、共産主義の労働者がそのような場所を所有しているのを見たことがありません。

それらのアステカ人は、すべてのスターリン主義者のように血を渇望しているウォーモンガーではなかったのですか?

悪い選択

私は、彼女の食欲のいくつかは、最後の場所ではなく、ディエゴリベラへの愛情ではなく、選択が不十分であるという結論に達しました。

グレートアート

Nevertheless did she make great art in spite of her curious preferences and severe handicaps.それにもかかわらず、彼女は好奇心旺盛な好みと深刻なハンディキャップにもかかわらず、素晴らしい芸術を作りました。 Although intriguing enough to paint I hope I added a painting worth to see after so many paintings already made.絵を描くのに十分興味をそそられますが、すでにたくさんの絵を描いた後、見る価値のある絵を追加したいと思います。

私の猫フリア

最後に大事なことを言い忘れましたが、彼女は動物が好きで、私の目には確かに彼女に有利にバランスを崩していることがわかりました。 

不思議なことに、猫は2016年に作った自分の猫フリアの絵とまったく同じ位置にリクライニングしていました。

Moreover I could not find a better place for Furia, deceased in 2016, than this final resting place next to Frida.さらに、XNUMX年に亡くなったフリアにとって、フリーダの隣にあるこの最後の休憩所よりも良い場所を見つけることができませんでした。 Therefor she is well taken care after in the drawing, on the panel and in the afterlife I think.そのため、彼女はドローイング、パネル、そして来世の後でよく世話をされていると思います。

MORE buzz